カテゴリー | 未分類

31 10月 2022

5G対応スマホの「ZTE Tianji A41」とは?

“5Gは音声や映像などの送受信で遅延がなくなりますので、ビジネスシーンにあるオンライン商談や会議がスムーズに行われますし、移動時間や交通費などの削減にもつながっていきます。
その5Gに対応しているスマートフォンは様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「ZTE Tianji A41」という5Gスマホがあり、極細ベゼルのワイドな液晶で画面がより広く見える高精細大型ディスプレイや間接照明のお店や月明かりの風景など薄暗い場所でも精細で鮮やかな写真の撮影が可能な高性能カメラ、負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUや思う存分楽しめる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約89000円でRAM8GB/256GBモデルが約95000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約9.5ミリ、重さ約203gといった誰でも持ち歩きやすくて握りやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブラックが用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.67インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは66Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 870 5G SM8250-AC 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約500万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約4400万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(MyOS 11.5)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーやイヤホンジャック、ハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

11 8月 2022

シンプルさにこだわったスマホ「Samsung Galaxy A21」

“平均的なスペックがほかのスマートフォン以上のスマートフォンで、コストパフォーマンスもよいモデルを探している人には、「Samsung Galaxy A21」がオススメです。
Samsung Galaxy A21はシンプルなスマートフォンとして有名で、多機能にこだわりをもつスマートフォン・・・ではなく、あらゆるスペックを平均以上に押し上げているタイプのスマートフォンです。具体的には、Samsung Galaxy A21は「操作がシンプル」なので、これからスマートフォンデビューを果たしたいライトユーザーにオススメできます。
今ではスマートフォンを持つ高齢者が増えてきました。そのため、シンプルスタイルのスマートフォンが売れに売れているのですが、その中でも特に売れ筋となっているモデルがSamsung Galaxy A21です。
Samsung Galaxy A21にはシンプルな操作性以外にも強みがあるので案内していきます。たとえば、Samsung Galaxy A21は「大容量バッテリー搭載モデルでバッテリー容量は3,600mAh」もあるのです。この数値がなにを意味しているのか・・・というと、大容量バッテリー搭載モデルであれば5日間連続で使用することも可能なので、あまりバッテリー容量を確認しないで使えるモデルがよい場合は、Samsung Galaxy A21を選ばれたほうが無難でしょう。
そのほかでは、Samsung Galaxy A21は「スマホを紛失したときにも対応している」モデルです。具体的には、専用WEBサイトが用意されていてこちらから端末の追跡が可能になっているのです。最近では流行になってきている「FMラジオ機能搭載モデル」でもあるので、災害時など万が一の時でもFMラジオを利用できるようになっています。
このようにSamsung Galaxy A21はあらゆるサービス、性能で他の追随を許さないレベルに仕上がっているのですが、オンラインショップによっては1000円未満で購入できるケースもあるため、今のような人気を誇るようになりました。
Samsung Galaxy A21の詳細スペックですが、「RAMが3GB、ROMは64GB、サイズ(幅×高さ×厚さ)は約71mm×約150mm×約8.8mm、バッテリー容量は3,600mAh、ディスプレイサイズは約5.8インチでTFT液晶、メインカメラは約1300画素、フロントカメラは約500万画素」となります。Samsung Galaxy A21は、ほかのスマートフォンよりも安い価格で購入できるのですが、ディスプレイサイズやカメラの解像度に関してはほかよりも性能が低いため、こちらに妥協できる人であればSamsung Galaxy A21に満足できるでしょう。
Samsung Galaxy A21のそのほかのスペックとしては、「防水防塵機能ありで防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)、生体認証は顔認証に対応、おサイフケータイ機能あり、SIMフリースマホあり」で、海外版のみSIMフリースマホありとなっていることに注意してください。”

7 6月 2022

「SHARP AQUOS sense3」が選ばれている理由

“近年では、若い世代もシンプルなスマートフォンを購入するケースが増えてきました。
というのも、多機能であってもその機能を使用しないケースがあり、ものによっては多機能というだけで10万円以上もするスマートフォンが存在するからです。なので、シンプルイズベストの精神でスマートフォンを使用したい人には、「SHARP AQUOS sense3」がオススメです。
こちらをオススメできる理由ですが、第一に「SHARP AQUOS sense3は安いから」という理由があります。SHARP AQUOS sense3は、コストパフォーマンスが高いスマートフォンのランキングでも上位にランクインしているほどの実力なので、安いスマートフォンで性能が平均的なものを探しているのであれば、SHARP AQUOS sense3を購入されたほうが無難でしょう。
しかもSHARP AQUOS sense3は、「AI機能付きカメラ」を採用しているため、スマートフォンを持ったことがない人にもオススメできます。
最近では、AIによるサポートを受けられるスマートフォンが人気となっているのですが、その理由は「設定不要で操作可能」だからです。たとえば、スマートフォンに声をかけるだけで自分が求めているサービス、設定などの案内を行ってくれるナビゲーションが存在し、これらのサポートは無料で何度でも利用できます。
AI機能付きカメラの場合、写真撮影や動画撮影にも強く「撮影をアシストしてくれる」ようになっているのです。たとえば、遠くにいる人や物を写真撮影したい場合にはピント調整、暗い場所を撮影するケースではカメラの明るさを自動調整してくれるようになっているのです。
さらにSHARP AQUOS sense3は、文字やアイコンが大きいという特徴があります。
スマートフォン初心者の中には、スマートフォンの文字やアイコンが多くて使いづらいという方もおられるのですが、SHARP AQUOS sense3では、そのストレスが軽減されているのです。SHARP AQUOS sense3には、「AQUOS かんたんホーム」設定がありますので、文字サイズ変更などはかんたんホームからの簡単な設定のみで終えられるようになっています。
SHARP AQUOS sense3の詳細スペックですが、「ディスプレイが約5.5インチ、ディスプレイにIGZOディスプレイを採用、アウトカメラは約1,200万画素、1,200万画素、インカメラ約700万画素、サイズは約147mm×約70mm×約8.9mm、重量は約167g」です。
SHARP AQUOS sense3などで見られるIGZOディスプレイですが、スマートフォン以前にテレビやパソコンでも採用されているので、今ではポピュラーなディスプレイとなりました。ほかのスマートフォンのディスプレイとなにが違うのか・・・というと、解像度などグラフィックの美麗さに大きな違いがあります。
そのためSHARP AQUOS sense3は、グラフィックに妥協したくない人にもオススメすることができる簡単スマートフォンです。”

23 12月 2021

5G対応スマホの「OPPO Find X3 Pro Lensman」とは?

“5Gは4Gに続く次世代通信技術のことをいい、低遅延を可能にしていますので安全な自動運転を実現させることができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは国内だけでなく海外のメーカーからも多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「OPPO Find X3 Pro Lensman」という5Gスマホがあり、大部分のゲームもストレスなしでプレイできる高性能CPUや本格的な撮影が楽しめる高性能カメラ、指紋や汚れが目立ちにくくサラサラとした触り心地の高精細大型ディスプレイや思う存分楽しめる大容量バッテリーなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約11万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約9.1ミリ、重さ約196gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブラックシルバーが用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度QHD+ 3216×1440でアスペクト比20.1:9の約6.7インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65Wの急速充電や30Wのワイヤレス充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが16GB、内蔵ストレージは512GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約5000万画素+望遠レンズがついた約1300万画素+マクロ撮影ができる約300万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはソニー製センサーIMX766がついており、ハイブリッド光学ズーム、デュアルトーンLEDフラッシュ、レーザーオートフォーカスなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(ColorOS 12)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでDolby Atmosに対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

20 11月 2021

これからXiaomiのスマホを持ちたい人にオススメのモデル2選

“コストパフォーマンス抜群のスマートフォンを多く手がけているメーカー、それが「Xiaomi」です。そんなXiaomiのスマートフォンの中でも、特にライトユーザーに支持されているモデルをピックアップしました。
ライトユーザー向けのスマートフォンその1は「Xiaomi Pocophone F1」です。Xiaomi Pocophone F1は、「インド向けに発売された」特徴を持つモデルなのですが、その他の特徴としては、「チップセットにSnapdragon 845を搭載」しているモデルで、「AnTuTuベンチマークスコアで約30万をマークしている」特徴があります。
Snapdragon 845搭載モデルの場合、本来であれば5万円以下で購入することが難しいです。しかしXiaomi Pocophone F1は、約4万円で購入できるスマートフォンのため、Xiaomiの中でもコストパフォーマンスに優れている一面があります。
Xiaomi Pocophone F1のスペックですが、「動作環境がSnapdragon 845、RAMは6・8GB、AnTuTuベンチマークスコアで30万をマーク、内部ストレージは64・128・256GB」のため、安かろう悪かろうの要素はほとんどありません。海外のスマートフォンは、国内のスマートフォンに比べて価格競争が過熱化していることもあり、これほどのスペックを誇るスマートフォンが格安で入手できるのです。
ライトユーザー向けのスマートフォンその2は「Xiaomi Redmi Note 7」です。
Xiaomiのミドルレンジモデルとして開発されているXiaomi Redmi Note 7は、「チップセットにSnapdragon 660を搭載」しているモデルで、「AnTuTuベンチマークスコアは約14万」と、処理性能については特別高いわけではありません。
ですが、RAM 3GBのスマートフォンにしては珍しく、Xiaomi Redmi Note 7は「2万円以内で購入できる」強みがあります。なによりXiaomiはハイエンドモデルに力を入れているメーカーのため、ミドルレンジモデルで格安のモデルは多く出ておらず、そんな背景もあってXiaomi Redmi Note 7はライトユーザーから支持されるようになりました。
ただしXiaomi Redmi Note 7は、「発売が2019年1月とかなり古い」ので、他の中古スマートフォンと同じように品不足につき購入できない・・・、そんな可能性のあるスマートフォンです。
Xiaomi Redmi Note 7のスペックですが、「動作環境がSnapdragon 660、RAMは3・4・6GB、AnTuTuベンチマークスコアは14万をマーク、内部ストレージは32・64GB(最大では256GB)」となります。同価格帯の中で特別高いスペックではないのですが、Xiaomi Redmi Note 7は、「ディスプレイサイズが6.3インチの解像度2340×1080でFHD+採用」のモデルとなりますので、値段相応の働きを見せてくれるモデルと評価できます。
しかもXiaomi Redmi Note 7は、「カメラが背面4800万+500万画素の前面1300万画素、バッテリー容量は4,000mAh、サイズは159.2×75.2×8.1mm、重量は186g」と、同価格帯の中でも重量、持ちやすさが配慮されているモデルです。”

14 10月 2021

Samsungのハイエンドモデルとして優秀な「Samsung Galaxy S9」

“今では、中華スマホと言われているHUAWEI、OPPO、Xiaomi、そしてSamsungのスマートフォンのように、ミドルレンジモデルだけでもラインナップが充実してきました。これはハイエンドモデルでも同じような状況のため、ライトユーザーにとっては「ハイエンドモデルはどれを選べば・・・」という状況になっています。
もし、世界的に売れているスマートフォンで、レビューもよろしく、ハイコストパフォーマンスモデルとして認知されているモデルを購入したい場合は、「Samsung Galaxy S9」を購入されるとよいでしょう。
Samsung Galaxy S9は、「2018年モデル」としていまだにハイスペックスマートフォンの中では高い人気を誇ります。なぜこれほどの人気を得ているのかというと、それは、Samsung Galaxy S9は2018年モデルのハイエンドモデルの中では、飛び抜けて優秀という評価を得ているからです。
Samsung Galaxy S9には、「AKGによるチューニングが施されたステレオスピーカーが搭載されている」ため、臨場感あふれるサウンドで動画視聴、ゲームをプレイしたい人であれば、中々Samsung Galaxy S9以上のものは見つからないかもしれません。それほど秀でたハイスペックスマートフォンなのですが、Samsung Galaxy S9は「約5.8インチの大画面、画面比率は18.5:9で縦長、片手の操作も想定されている」と、今では多くのスマートフォンメーカーが採用している仕様となっています。
しかもSamsung Galaxy S9はスペックが高く、「カメラ画素数が約1,220万画素、バッテリー容量は3,000mAh」です。なによりSamsung Galaxy S9は、「ディスプレイが有機ELの5.8インチ、RAM/ROMは4GB/64GB」という優秀なスペックとなっているので、他の追随を許さないレベルのスマートフォンが欲しい、コストパフォーマンスが良いものを選びたい場合は、Samsung Galaxy S9と同レベルのものはほとんど存在しないでしょう。
また、RAM4GBでROM64GBは今の時代でも通用するスペックです。RAMが3GB以内になると、最新ゲームによっては動作が怪しくなる・・・と言われているので、Samsung Galaxy S9は平均以上のスペックがあります。”

15 7月 2021

Softbankで最安と噂の「Xiaomi Redmi Note 9T」

“最安であれば防水防塵、ワンセグ、フルセグ無しでも構わない・・・、そんな人には「Xiaomi Redmi Note 9T」がオススメです。
Softbankで売られているXiaomi Redmi Note 9Tは、価格が2万円をやや超える程度なのでかなり安いです。参考程度に国産スマホと比較すると、「同性能のものと比べても1万円ほど安い」ので、現状では、Xiaomi Redmi Note 9Tより安い5G対応スマートフォンは見つからないかもしれません。
Softbankでは、「トクするサポート+」というプログラムも提供しているのですが、こちらが適用されている場合は1万円と少々の価格で、Xiaomi Redmi Note 9Tを購入することができます。また、これほどの価格設定となっているため、なにか大きな欠点がある・・・と思ってしまいますが、前述の機能以外ではXiaomi Redmi Note 9Tに欠点らしいところは見当たりません。
Xiaomi Redmi Note 9Tのスペックですが、「CPUがMediaTek Dimensity 800U(最大2.4GHz)、メモリはRAM 4GB、ROM 64GB」なのですから驚きです。ミドルレンジモデルで3万円台のものでも、「最大GHzは2.0を超えれば良いほう」だからです。また、RAM4GB、ROM64GBについても問題はありません。ミドルレンジモデルの平均を上回るスペックとなっていますので、動画視聴、SNS、ゲームプレイ時に動作がカクカクするケースは少ないでしょう。
Xiaomi Redmi Note 9Tの詳細情報ですが、「ディスプレイが6.53インチの解像度が2340×1080、カメラ性能はメイン 4800万画素+マクロ 200万画素+深度測位 200万画素、バッテリー容量は5000mAh、おサイフケータイ対応」となっているので、バッテリー容量やおサイフケータイに問題を抱えているモデルでもありません。
CPUの補足となりますが、Xiaomi Redmi Note 9Tに搭載されている「MediaTek Dimensity 800U」は、ハイエンドモデルでも採用されているモデルなので、すでに実績のあるパワフルなCPUです。Xiaomi Redmi Note 9Tは価格が安すぎるので、特に処理性能やカメラ性能が低いのでは・・・と疑ってしまいますが、MediaTek Dimensity 800Uの性能は「Snapdragon 7**」に相当するので、ハイスペックスマートフォンにより近いスペックで、5G対応スマートフォンを動かせるようになっています。
なによりもすごいのは、2万円台のミドルレンジモデルなのに「カメラはトリプルカメラ搭載、メインカメラが4800万画素」となっているところでしょう。写真は赤色が強く反映されやすいというレビューもありますが、価格を考慮すると、Xiaomi Redmi Note 9Tはカメラ性能についても満足のいくモデルです。”

27 2月 2021

AQUOS sense4がおすすめ!

“今回は、AQUOSシリーズの中でも最新のミドルレンジモデル「AQUOS sense4」をご紹介したいと思います。前モデルであるAQUOS sense3は、SIMフリースマートフォン売上ランキング1位を獲得しています。今でも絶大な人気を誇るAQUOSシリーズの最新スマホ、AQUOS sense4とは一体どんなスマートフォンなのか見ていきましょう。
AQUOS sense4は、2020年11月6日に発売されたばかりのミドルレンジモデルになります。トリプルカメラに、指紋認証や顔認証、防水防塵機能まで搭載されているのに本体価格が4万円以内とコスパも良く、普段使いとして使えるスマホをお探しの方にぴったりです。基本的な機能が揃っていてこのお値段なら、初めてスマホを使う方におすすめです。
また3万円台でありながら、CPUにはsnapdragon720Gが搭載されているので処理能力にも優れています。基本的な使い方ができればOK、という方はもちろんある程度のゲームなら十分に楽しめるので是非検討してみてください。
ちなみにAQUOS sense4は、sense3のデュアルレンズから「望遠レンズ」が加わったトリプルレンズにグレードアップしているので同じ場所で撮影しても、撮影の幅が広がり奥行のある立体的な写真を撮ることができます。普段からスマホで写真を撮る方、動画をアップされる方も是非参考にしてみてください。カメラ機能にこだわりがある方は、こういったカメラの違いに注目して選んでみるといいですね。
これだけのスペックを備えながら本体価格が3万円台という安さを誇るAQUOS sense4にも、いくつか注意点があります。それは普段からゲームや動画鑑賞を長時間楽しみたい方にはあまりおすすめできない点です。一つはCPUにsnapdragon720Gを搭載しているため、ハイエンドモデルと比較してしまうとどうしても処理能力が劣ってしまうからです。映像の綺麗さやゲームをする時の高速スピード、スマホをタッチしてから反応するまでの速さを求めている方には向いていません。
また指紋認証機能が画面の一番下にあるため、片手での操作ではロックを解除しにくい構造になっています。慣れないうちは、片手で操作するとスマホを落としてしまう可能性があるので注意してください。
またカメラは奥行のある撮影が可能になってはいますが、暗闇や夜に撮影するとどうしても鮮明さに欠ける部分があります。明るく綺麗な撮影をしたい方にはあまりおすすめできないので注意しましょう。
以上の点を踏まえながら是非検討してみてはいかがでしょうか。”

26 2月 2021

世界で最も軽い?AQUOS zero2!

“AQUOS zero2と言えば、ゲーミングスマホとして有名ですがやっぱり、重たいイメージがある方も多いと思います。今回はゲーミングスマホなのに、世界最軽量と言われる「AQUOS Zero2」について詳しくみていきたいと思います。
まずは、ディスプレイですが6.4インチの有機ELディスプレイを搭載しています。本体上部には、水滴型ノッチを搭載していてベゼルも少なくシンプルなデザインとなっています。カメラは1220万画素の標準レンズと広角カメラを搭載したデュアルレンズ仕様で、それほどこだわりがなければ十分使えます。もしSNSによく写真を載せる方、画素数を重視して選びたいという方には少し物足りなさを感じるかもしれませんが、一般的な撮影なら問題ありません。
またリフレッシュレートは最大240Hzまで伸びています。前モデルであるAQUOS zero2が60Hzだった点を見ると、四倍にまでアップしている点は素晴らしいですね。これにより、画面をスクロールした時もヌルヌル画面が動くので、ゲームをする時にストレスなく楽しめます。画面をスクロールした時の残像の残り具合も少ないので、非常に見やすくて綺麗です。また画面をタッチしてから反応するまでの時間が短い、という点も魅力ですね。
そして気になるSOCですが、snapdragon855を搭載し、RAMも8GB、256GBのROMを搭載しているので容量はかなり余裕があります。ゲームアプリを何個もダウンロードしている方、ゲーム以外に動画配信アプリをみたりする方にも安心して使って頂けます。またゲームを長時間していても、スマホの発熱もほとんどないので安心です。ゲーミングスマホでない普通のスマホの場合、何時間もプレイしていると、本体が熱くなって途中でプレイできなくなってしまうこともありますが、そういった心配もないのでゲーム用スマホをお探しの方におすすめします。
そして何よりも本体が軽いので、長時間プレイしていても苦になりません。ちなみに本体の重さは、141gです。一般的なスマートフォンで180g前後といったものが多い中、これだけのスペックを搭載しながら140gという軽さを実現しているのは本当に素晴らしいです。これなら、片手で操作しても問題なく楽しめますね。
また万が一何かあった場合にも安心して使える防水防塵機能にも対応しているということで、災害時にも安心して使うことができます。水で濡れてしまって使えない、といった琴が内容に防水防塵機能がついたスマートフォンをお探しの方にもおすすめします。普段ゲームをされない方も、140gという軽さは他にないスマートフォンですので、一度検討してみてください。持ち運びしやすいスマートフォンをお探しの方、二台目として使えるスマホをお探しの方にもおすすめします。”

21 11月 2020

世界最薄!arrows 5G

“arrows 5Gは、世界でも最薄スマホと言われる7.7mmの極薄スマホに5G対応、大画面ながら持ちやすく操作しやすい、といった様々な機能を詰め込んだ今注目の5Gスマートフォンです。またarrowsならではの耐衝撃に優れた機能や、汚れが気になる場合には泡ソープでそのまま洗える機能も搭載されています。せっかく購入したスマートフォンに傷を付けたくない、という方にもおすすめです。
また4Gを凌駕する超高速通信5Gに対応しており、映像やゲームコンテンツなど大容量通信やコンテンツも気軽に快適に楽しむことができます。4Gから5Gまで対応しているので、混雑した環境の中でもスムーズに使える点は嬉しいですね。
またリアルな映像や、音楽を楽しみたい方にもおすすめしたい、DolbyAtmosの刺激的なサウンドを楽しめる点も魅力です。まるで映画の中の世界に入ったように聞こえる最新の立体音響技術を楽しむことができます。普段スマホで音楽を聴く方、動画を見る方、映像や音楽を思う存分楽しめるスマホをお探しの方は是非検討してみましょう。
他にもハイスペックな機能を搭載しながらも、7.7mmという世界最薄設計になっている点も大きなポイントです。本体表面は、何層にも重ねられた美しいフレームに「明」「暗」のグラデーションでより繊細な表情となっています。また極薄ディスプレイながらも、角は自然なカーブになっているので手に馴染みやすい設計になっている点も大きなポイントと言えるでしょう。
カラーは、鮮やかなブルーと、高級感と近未来を連想させるシックなチタニウムシルバーの二色展開となっています。どちらもシンプルで飽きの来ないデザインでとっても素敵ですね。
CPUには、Snapdragon 865 8-Coreを搭載しているので処理性能も非常に高いことが分かります。6.7インチの大画面ディスプレイでありながら、世界最薄の7.7mm、重さは約171g、持ち運びにも便利ですね。
2020年7月30日に発売されているので、是非お近くのお店で手にとってみてはいかがでしょうか。本体価格は約11万円となっています。もっとお得に購入したい、という皆さんはドコモのおかえしプログラムを利用したり、その他キャンペーンを活用してお得に購入しましょう。様々な5Gスマホが発売される中、薄さにこだわって新しいデザインです。耐衝撃にも優れているので安心して使えるスマホをお探しの方も、是非検討してみてください。”